離婚の相談

顔を近づける

離婚は結婚の3倍エネルギーと使うと言われています。離婚は決して簡単ではありません。しかし夫婦だけで話し合いがつかない場合は、裁判所での離婚調停に入ることになります。 離婚調停の費用ですが、自分たちだけで専門家を入れない場合には、戸籍謄本や住民票などの各種書類の取得費用と印紙代だけで済みます。 しかし言いたいことが言えない、相手に言いくるめられそうな場合には弁護士に依頼するのも一つの手です。色々なアドバイスが受けられますし、本気で争うという姿勢を見せることにもなります。また精神的にも安心感が出来ます。 弁護士費用は高いと思われがちですが、最近はネットの影響で、良心的な費用で受けてくれる弁護士も増えています。

離婚調停を依頼した場合の弁護士費用はいくらくらいなのでしょうか。法的に弁護士費用が決まっている訳ではないので弁護士によってピンキリですが、概ね着手金40万円前後+報酬40万円前後、という所が多いです。これが基本料金で、親権争い、慰謝料請求、離婚調停で話し合いがつかず裁判に移行したなどの事情があれば別途報酬がかかります。ない所もありますが、日当も忘れてはいけません。弁護士に依頼する場合には、まず報酬の確認は必要です。ネットで報酬を公表している弁護士もいます。 費用対効果がわからなければ、法テラスなどの無料相談を利用しても良いですし、弁護士も初回の相談は無料で乗ってくれる所も増えてきています。 離婚はできれば避けたいものですが、どうしてもするのであればお互い納得のいく再スタートを切りたいものです。